リサイクルトナーやIP無線機の機器を使用【機械スペシャリスト】

費用を知る

端末の購入費用がいらない

背中を向けた男性

従来の無線では、端末一台ごとに購入する必要があったため、15万円程度の初期費用が必要でした。さらに、無線は最低でも2台以上、規模によって必要数は異なりますが数台は必要と鳴るものです。そのため初期費用に100万円以上かかってしまうことも珍しくありませんでした。さらに、従来の無線は免許が必要なため、免許を持っていない場合には免許取得費用も必要になります。その上、基地局の設置にも費用が必要だったりと、とにかく初期費用が高い事がデメリットとなっていました。しかし、IP無線機であれば初期費用がほとんどかかりません。免許も基地局の設置も必要ないのです。さらに、IP無線機の端末はレンタルすることによって、最初から月額費用を払うだけです。相場は一台3000円前後ですから、1年使っても3万円程度しか必要ないのです。

通信会社との契約が必要

IP無線機は、携帯電話会社の通信回線を利用するため、通信会社と契約をする必要があります。携帯電話に契約が必要なのと同じように、IP無線機にも契約が必須となることは知っておかなければなりません。それぞれの会社によって様々な利用プラン、料金プランが用意されていますから、契約の前には通信会社ごとに料金やサービスを比較しておくと分かりやすいでしょう。また、契約期間は長い方が利用料金が安くなるのが一般的ですが、途中解約などの場合逆に高くついてしまうため注意が必要です。始めてIP無線を導入するという場合は、あまり期間を長くせずにしておいた方が安心でしょう。契約更新時に、このままずっと使い続けたいと思う場合には、長期契約に切り替えればお得です。