リサイクルトナーやIP無線機の機器を使用【機械スペシャリスト】

免許が要らない無線機

免許不要で使える無線機

電波をキャッチするイメージ

IP無線機というものをご存じでしょうか。IP無線機とは、携帯電話キャリア(ドコモやソフトバンク)の通信網を利用するタイプのトランシーバーです。その特徴は、免許不要で使えることと、なんといっても全国どこにでも繋がることです。送信ボタンを押しながら話せば、グループの全てのIP無線機で受信することができますし、個別に特定の無線機とだけ会話することも可能です。台数の許す限り、たくさんの人に一度に送信できるため、連絡事項をグループ全体で共有したい場合にも使えます。また、GPSを利用して無線機の位置情報を管理することもできます。IP無線機を導入すれば、工夫次第でさまざまな業務の効率化が可能になるでしょう。

IP無線機が活用される場面

IP無線機は、病院や、高齢者の介護施設などにも少しずつ広まっています。たとえば送迎サービスを行っている施設の場合、GPSで車両の位置を管理しておけば、少ない車両台数でも効率的な運用ができます。施設、車両、サービス利用者のそれぞれが即時に情報を共有できるので、受け入れ態勢を常に万全に整えておくことができるのもメリットです。それから、災害時の危機管理においても、IP無線機は注目を集めています。全国どこへでも繋がり、常に通話エリアを確保できるため、一刻を争う事態には特に役立つのではないかと期待されているのです。日ごろの防災のためにIP無線機を取り入れている自治体もあり、防災組織の中で連携を取るのに役立っているようです。IP無線機は、今後ますます需要が高まっていくと予想される、次世代型の無線機なのです。